MASAOPRESS

総合プレス加工メーカー

TOPへ

板金加工とプレス加工

板金加工は手作業汎用機械による金属成形で、複雑形状への対応が可能で納期もは早いですが、量産性はやや低いです。一方で、プレス加工は金型を使って金属を成形するため、高速で大量生産が可能ですが、金型製作による初期費用と立ち上げ時間の問題もあります。どちらの加工方法で製品を加工するかは、形状の複雑さ、要求精度、生産ロットなどによって変わってきます。

マサオプレスでは板金加工とプレス加工の両方の設備を持っていますので、どちらがお客様にとって最適な加工方法か総合的に判断して提案します。

各加工のメリットデメリット

板金加工プレス加工
形状△ 入り組んだ形状には対応不可〇 複雑な三次元形状にも対応可能
精度〇 板金設備の能力により精度を出すことが可能◎ 金型によって高精度を出すことが可能
量産性△ 一つ一つの加工になるため、工程が多く不利◎ 金型を使って量産が得意
品質△ 一つ一つの加工になるため、多少のバラつきが出る〇 金型を使うため、製品の品質の均一性が高い
納期〇 短納期での納品が加工△ 金型の設計、製作があるため初回は納期が必要
コスト△ 高価〇 金型費がかかるが、量産時にコストが下がる

class="headline_1">板金加工からプレス加工に転換

形状的に板金加工で加工していた製品でも、1,000個を超えるロットになってくると金型を起こして加工した方が総合のコストが安くなるケースもあります。

1個あたりの加工費が600円だったとしても、1,000個になれば60万円です。

金型費が50万円かかったとしても、金型のプレス加工費は100円以下に抑えられる場合、1,000個加工した時の1個あたりの加工費は抑えられます。またそれ以上のロット数になる場合、1個あたりのコストはどんどん下がります。1度のロットが小さくても、継続して加工が発生するような製品であればプレス加工に転換を提案させて頂きます。

転換事例

当初は試作も兼ねていたため、板金加工で製品を加工していましたが、その後、数万個単位の量産とまではいかなくても定期的に発注が入るため、お客様にプレス加工への転換を提案し、金型を起こして加工方法を転換しました。

プレス加工によって品質も安定し、金型もこちらで保管しているため、結果的に発注から納品までの納期が早くなりもました。