MASAOPRESS

金属プレス塑性加工メーカー

TOPへ

採用情報

社長メッセージ

マサオプレスの強みは何と言っても、アナログとデジタルの融合した「ものづくり力」にあります。

なぜなら良いものづくりには、いわゆるプロの技と言われるアナログな技術だけではなく、数値化されたデータ処理によるスピード感と確実性のあるデジタル技術を合わせることが大切だと考えるからです。そんなマサオプレスの柔軟で新しいものづくりは、今まで多くのお客様から感謝の言葉をいただいてきました。

ものづくりの面白さは「課題解決」です。ものづくり業界では、機械の選定や加工方法で製品性能を格段に引き上げることができます。だからこそ、どんな時も目の前のものを何となく図面通りにつくるのではなく、改善提案することで「マサオプレス頼んでよかった!」といってもらえる仕事を心がけています。

社会にとって
「なくてはならない会社」へ

2019年にマサオプレスは大きな経営判断を行いました。自社の事業全体の見直しを図り、コア事業への集中に取り組みへと舵を切りました。現在は、航空宇宙産業やエネルギー産業などへ領域を拡大中です。1979年の創業時から培ってきたノウハウと、随時新しい技術を取り入れ続けるマサオプレスには、まだまだポテンシャルがあることは間違いありません。マサオプレス社員全員が、お客さんを笑顔にする新しい加工方法や設計にチャレンジすることで業界のニッチトップを目指しています。
社会にとって「なくてはならない会社」を一緒につくって行きましょう。

求める人材

【ものづくりに楽しんで向き合う】
製造では様々な素材や課題に出逢います。そんな時「こうしたらもっと良くなるんじゃないか?」というチャレンジ精神を持って、ものづくりに向き合い続けることでやり遂げた時の感動・達成感・やりがいは非常に大きいものとなります。

【思いやりを持って】
製造の仕事はリレーのようにチームワークが大切です。目の前の仕事をただこなすだけではなく、次の人がどうすれば効率的に作業できるかまで考えてバトンを渡す姿勢と、製造に関わる人・使ってくれる人への思いやりや感謝の気持ちを持つことで、自分も相手も気持ちの良い仕事ができます。

【安全の中での創意工夫】
マサオプレスで考える安全とは「約束を守ること・信用を守ること・信頼を得ること」です。
製造の仕事では安全が最優先です。しかし、「言われたから守る」だけではなく、安全の本質を知っていて欲しいと思います。自分・相手・モノの大切な関係性を守れる人が、より良いもの生み出せると考えています。

研修制度 マサオプレスでは、仕事に関係する技術の習得やスキルアップを支援しています。
入社後の OJT や技能実習、また外部研修を通じて、
ものづくりのプロになるための技術を効率的に身につけていきましょう。

技能研修

「プレス加工」「板金加工」「溶接」など。 ものづくりに関わるコアな技能の研修。

CAD 研修

社内外の研修にて、CAD 教育を実施。

モデリングトレーニング

見て習うより「型」を覚えて、早く技術を習得して「ものづくりのプロ」になる

資格取得講習

プレス機械作業主任者 / フォークリフト運転技能者 / 玉掛け技能者 / アーク溶接技能者などの資格取得を応援

マサオプレスの
行動基準

私たちはプロとしてカッコよく
行動します。

  •  安全を全てに優先する
  •  仕事に責任を持つ
  •  相手を思いやる
  •  全てのものに感謝
  •  向上心でものづくりを楽しむ

求人に関わるお問い合わせは
office@masaopress.co.jp より
ご連絡ください。