MASAOPRESS

総合プレス加工メーカー

TOPへ

ケーブルクリップ

金属製ケーブルクリップとは

ケーブルや配線などをしっかりと固定し整理するための金具です。

プレス加工や板金加工で製作されるクリップは耐熱性や耐久性が求められる現場での使用に最適であり、長期間にわたり安定した性能を発揮します。

多くの工業現場では、安全で効率的な作業環境を維持するために、こうした金属製ケーブルクリップが重宝されています。

金属製ケーブルクリップの構造

シンプルでありながら高い機能性を持っています。主な構成要素は以下の通りです。

材質: 主にステンレスなどの金属素材で製作され、耐久性と耐腐食性を備えています。

形状: U字型やC字型など、ケーブルをしっかりとホールドできる形状が一般的です。

クリップの基部にはネジやボルトで固定するための穴やスロットが設けられており、これにより壁や機器、デスクの側面などに簡単に取り付けることができます。

一部のケーブルクリップにはバネ機構が組み込まれており、これによりケーブルを簡単に取り外しできると同時に、しっかりと固定することが可能です。

金属製ケーブルクリップ加工

プレス加工、板金加工どちらの加工でも対応します。ロットが多い場合も簡易的な金型を用意し、高い品質で納品します。

DIN規格での実績あり

 

【対応材質】  
SUS304 SUS316 C2801 C1100 C5210 SPCC SS400

【対応サイズ】
通常手のひらに収まるサイズです。その他はお問い合わせください

【付属対応】
バネ材の熱処理、絶縁処理(熱収縮チューブ、ディップコーティング)、メッキ表面処理

加工事例